東京で困った旅

僕は前橋に住んでいる。2018年1月10日に東京へいかなければならなかった。新宿三丁目へ案件の面接に行かせたから。その前、会社へ行かせた。財布で最後のお金が3千円しかなかった。午前6時に起きて支度して、午前7時に前橋駅から出発した。東京へ行く前に、急いでいたから、お金を引き出せなかった。

午後10時半に東京の駒沢大学駅に到着した。コンビニに寄って、おにぎりを2個とジュースを1本買った。すると、会社に行った。でも、会社の部屋が改装されていた。会社の建物が引っ越したんだって。連絡したら、三軒茶屋に引っ越した。それで、駅に戻って三軒茶屋駅へ行った。

渋谷駅の乗り換えが複雑で、迷ったから、遅く会社に着いた。残り時間が少なかったけど、上司が面接の練習をしてくれた。すると、上司が新宿三丁目駅まで連れて行ってくれた。面接はもう一人の日本人と勝負した。面接を受けたら、前橋へ帰ろうと思った。お金が500円しか残っていなかったから、コンビニのATMでお金を引き出しに行ったけど、案外まだもらえていなかった。それで、困ってしまったと思った。迷いながら、歩いて、2人の警察に止められた。在留カードとかばんの中身を見せさせられた。

友達に連絡してみたかったけど、助けてくれないのかなと思った。アルバイトの店長に連絡したら、給料は10日後だよと言った。困った時、何をすればいいのかなと思った。すると、会社に連絡したら、僕の悩みを教えると、会社に戻らせた。会社に戻ったら、今日の交通費をもらった。本当に感謝した。やっと前橋へ帰れたんだ。何はともあれ、午後10時に無事に帰った。今面接の結果を待ってる。